パレスいわや 料理&ケーキ

HOME料理 & ケーキ > 太田流家庭レシピ [ 蓮根のえびすり身挟み揚げ ]

太田流 家庭料理レシピ

蓮根のえびすり身挟み揚げ

しゃきしゃきした蓮根の歯ざわりと、ぷりぷりと弾力があるえびのすり身。異なる食感が一度に楽しめます。蓮根はどちらかというと淡白な味ですので、挟む具材を選びません。海老に限らず、魚や肉のミンチでもいいですし、前日に残ったお造りの切り身に塩少々をして挟んでもおいしいです。

蓮根のえびすり身挟み揚げ

【 作り方(調理時間:30分)】

(1)

蓮根は皮をむいて7mmくらいの厚さに切り、酢水に約5分漬け込み、ふきんでしっかり水気を取っておく。

(2)

1の内側に小麦粉をふり、えびのすり身を挟む。

(3)

大根はおろしに、ねぎは小口切りにする。

(4)

衣の材料を合わせ、2に小麦粉をはたき、衣をつけて165〜170℃に熱した油で揚げる。

(5)

器に盛り、3をのせ、天だしをかけてレモンを飾る。

【 素材チェック 】

蓮根は切り口が乾いておらず。みずみずしいものが新鮮。ある程度太い方が挟み揚げにしやすいです。漂白されている場合があるので、白さばかりにとらわれないように。

【 材料(4人分)】

蓮根…200g

えびすり身…50g

大根…10cm

青ねぎ…20g

レモン…1/4個

小麦粉…少々

揚げ油…適量

■衣

小麦粉…1カップ

水…3/4カップ

卵黄…1個

■天だし

万能だし…1と1/2カップ

みりん…大さじ4

濃口しょうゆ…大さじ2

薄口しょうゆ…大さじ2

具材同士をくっつけたり、挟んだりするときには打ち粉を。蓮根の切り口に小麦粉をはたくと、えびのすり身がくっつきやすくなります。

薄くスライスして胡麻油で炒め、砂糖、濃口しょうゆで炒りつけます。そのまま食べるのはもちろん、水菜や赤キャベツなど野菜類と混ぜ合わせてサラダ風にするのもお薦めです。きんぴらの甘辛い味付けだけでいただきます。

このページのTOPへ

おすすめフェア
閉じる
予約数1位※限定3組<br />【黒毛和牛ステーキ×活鮑×オマール海老×握り鮨】元祖☆贅沢美食フェア

2017年11月23日(木)

予約数1位※限定3組
【黒毛和牛ステーキ×活鮑×オマール海老×握り鮨】元祖☆贅沢美食フェア

極上食材を使用した 限定の大人気美食フェア   ※1件目&午前中のご来館予約でもれなく[3000円ギフトカードまたは 高級ブランド・ティ◯◯ニーペアグラス]のいずれかをプレゼント! さらに事前のフェア予約でパティシエ特製オリジナルガトーショコラもプレゼント!   今年はパレスいわやがいわき市鹿島町に誕生して 満40年のSpecial Year! 豪...

詳細はこちら
人気プラン