パレスいわや 料理&ケーキ

HOME料理 & ケーキ > 太田流家庭レシピ [ 蓮根のえびすり身挟み揚げ ]

太田流 家庭料理レシピ

蓮根のえびすり身挟み揚げ

しゃきしゃきした蓮根の歯ざわりと、ぷりぷりと弾力があるえびのすり身。異なる食感が一度に楽しめます。蓮根はどちらかというと淡白な味ですので、挟む具材を選びません。海老に限らず、魚や肉のミンチでもいいですし、前日に残ったお造りの切り身に塩少々をして挟んでもおいしいです。

蓮根のえびすり身挟み揚げ

【 作り方(調理時間:30分)】

(1)

蓮根は皮をむいて7mmくらいの厚さに切り、酢水に約5分漬け込み、ふきんでしっかり水気を取っておく。

(2)

1の内側に小麦粉をふり、えびのすり身を挟む。

(3)

大根はおろしに、ねぎは小口切りにする。

(4)

衣の材料を合わせ、2に小麦粉をはたき、衣をつけて165〜170℃に熱した油で揚げる。

(5)

器に盛り、3をのせ、天だしをかけてレモンを飾る。

【 素材チェック 】

蓮根は切り口が乾いておらず。みずみずしいものが新鮮。ある程度太い方が挟み揚げにしやすいです。漂白されている場合があるので、白さばかりにとらわれないように。

【 材料(4人分)】

蓮根…200g

えびすり身…50g

大根…10cm

青ねぎ…20g

レモン…1/4個

小麦粉…少々

揚げ油…適量

■衣

小麦粉…1カップ

水…3/4カップ

卵黄…1個

■天だし

万能だし…1と1/2カップ

みりん…大さじ4

濃口しょうゆ…大さじ2

薄口しょうゆ…大さじ2

具材同士をくっつけたり、挟んだりするときには打ち粉を。蓮根の切り口に小麦粉をはたくと、えびのすり身がくっつきやすくなります。

薄くスライスして胡麻油で炒め、砂糖、濃口しょうゆで炒りつけます。そのまま食べるのはもちろん、水菜や赤キャベツなど野菜類と混ぜ合わせてサラダ風にするのもお薦めです。きんぴらの甘辛い味付けだけでいただきます。

このページのTOPへ

おすすめフェア
閉じる
【年に1度だけの祭典!!】秋の大婚礼祭2018<br />【全館貸切婚礼展示会】

2018年8月25日(土)

【年に1度だけの祭典!!】秋の大婚礼祭2018
【全館貸切婚礼展示会】

   大変ながらくお待たせいたしました! 年に一度の大婚礼祭を今年も開催致します!   この2日間のブライダルフェアは何もかもがスペシャル! 市内最大規模で行われる婚礼展示会をこの機会にぜひ体感してください♪   秋の大婚礼祭2018 8/25(土)・26(日)の2...

詳細はこちら